吸音材/壁の反響防止


自宅で作曲やミックス、マスタリングまで作業することが多くなった今日この頃。

音の扱いって結構難しくて、色々悩んだり試行錯誤したりしています。
















今回は吸音材を試してみました      

自宅は防音室で・・・ってな環境なんてあるわけなく(泣)
また、一般の住宅なので、物がない状態の部屋は音が反射しまくる状況。
しかも僕、部屋に物をあまり置きたくない主義なので、音は乱反射しまくりです(笑)

手を叩いてみると「パンっ!」の後に「キーンっ!」って鳴っってる感じ。

その「キーンっ!」ってやつを防止する目的と言えば分かりやすいかな。

その改善策として吸音材を導入することにしました。

                                        


mini-SONEXです            

スタジオのスピーカーの後ろの壁に良く貼られているやつですね。

スポンジのような素材で独特な形状にカットされてあります。

防音ではなく、あくまで反響防止と調音目的です。

貼る場所やら貼り方やら色々と調べたのですが、どうも正解ってやつがないみたいで。
そりゃそうですよね。
部屋の環境って全部違うし、部屋に置いてある機材や楽器も人それぞれだから
コレが正解っ!ってあるはずないですよね。

今回導入したのは1つ 500mm×500mm×30mmのちょうどいいサイズです。
2枚で¥3.000-だったので4枚入手しました。

貼り方は「強力な両面テープで!」とか「専用の接着剤で!」とか色々ありましたが
今回は手芸用の「マチバリ」で壁に留めてみました。

貼る場所はスピーカーから音楽を少し大きい音量で鳴らしながら色々と探りました。


(スピーカーL)



(スピーカーR)

こんな具合に施工しました。

スピーカー後ろからの反響音が気にならなくなり、音の分離がハッキリ。
ミックス時のリバーブの調整作業が非常にやりやすくなったと言えば、その効果の程が伝わりやすいかなぁ。


しかし、しかしですよ。
スポーカー裏側の壁の下の方の低音の反響というか溜まりが浮き彫りになってしまって
mini-SONEX4枚じゃたりないです(笑)

むしろmini-SONEXだけじゃ最高の作業部屋までの道のりはまだまだかな。



「真っ白な何もない壁」って大好きだから、出来るだけなるべく貼ったりしたくないんだけどな(泣)
こればっかりはしょうがないです。

mini-SONEXは中音域高音域の反響防止に効果があるようなので、今度は低音の反響に効果のある吸音材を調べて導入してみようかと悩んでいます。

毛布なども効果があるようですが、部屋の景観を損ねてしまうので・・・。
作業部屋のクオリティ(景観も含む)ってモチベーションに直結するので、出来る限り拘ったもので整えたいですから。
                                        
Sound Design Ryusuke Onoda
https://ryusuke0708.wixsite.com/ryusukeonoda

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCSu4PeiN0_7Hj-aX5l-T_QQ?view_as=subscriber

Facebookページ
https://www.facebook.com/SoundDesignRyusukeOnoda/

twitter

https://twitter.com/ryusuke_onoda
                                        

オーディオストックでBGM・効果音を販売中!