Trilian/Spectrasonics


音源制作でベース音源          

ベース音源としてよく使う「Spectrasonicsの「Trilian

定番中の定番なので、今更感はありますが

プロからアマまで愛用されまくっているプラグインです。












僕はRockなbass またはJazzyなbassの音が欲しい時に使ってます。

というか、スポーツ番組のハードロック系BGMの楽曲制作が多い今は、ほとんど「Trilian」を使っています。

                                        

実際、どんな音なのかを紹介します。


【Acoustic Bass】





【Electric BASS】



どうですか?

太くて芯のある音です。

                                        

この「Trilian」は

シンセ音源としても使うことが出来る   

沢山のプリセットが用意されています。

アルペジエータもありますので、EDMの上物なんかに使うとも出来ます。


本家のプロモーションムービーがYouyubeにありますので、リンクを貼っておきます。
(※英語です)









                                        

僕が使用している中で、残念だなと感じた点は


Rockな音源を作ってる時に頻出するスライドアップやスライドダウンに関してです。

一音程間のものであれば、それほど問題はないのですが、曲のアタマや終わりに「グイーン」とやるあの音

その調整が使えないということです。

タイミングや長さの調整はもちろん出来るのですが、音質が劇的に変わってしまって使えない音になってしまうことです。

ピッチベンドで上手くエンベロープを書けば、オケに混ざると誤魔化せるかもしれませんが・・・・

やったことはないです。

今度、試してみようかなぁ。
                                        
Sound Design Ryusuke Onoda

Facebookページ

twitter
                                        
オーディオストックでBGM・効果音を販売中!